『ビッグバン・セオリー』でシェルドンを演じるジム・パーソンズが映画『ドリーム』に出演

 大人気米コメディドラマ『ビッグバン・セオリー』シリーズの天才物理学者シェルドン・クーパー役で有名な、ジム・パーソンズが明日9月29日、日本公開となる映画『ドリーム』に出演している。

 映画『ドリーム』(原題:Hidden Figures)はNASAで働く黒人女性エンジニア達の活躍を描く物語で、『ビッグバン・セオリー』では知能は高いが空気は読めない、だけどどこか憎めないキャラクターで人気を集めているジム・パーソンズが、本作では主人公達に反発する天才エンジニア役を務める模様です。

f:id:yasukkokoko:20170928173725j:image

(C)2016 Twentieth Century Fox

 『ビッグバン・セオリー』内では宇宙飛行士となった友人ハワードに嫉妬を露わにするなど、宇宙への強い憧れを抱いているキャラクターでしたが、別の作品内で宇宙事業に関わる夢を叶えるとは、非常に面白い転びとなりました。

 

 『ビッグバン・セオリー』ファンの方にとってはシェルドン役の印象が非常に強いでしょうから、映画のストーリーの他にも、これまで目にしてきた姿とは対照的に、真面目な役柄を演じるジム・パーソンズのギャップにも注目したいところです。