読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『セッション』狂気は全てを凌駕する - 作品の感想

セッション(字幕版)

 

映画『セッション』を観ての感想になります。ネタバレを含みますのでご注意ください。 

あらすじ

 音楽学校の新入生ニーマンはスパルタ講師のフレッチャーに才能を見出され、彼のバンドに招待される。執拗なまでに完璧な演奏を求めるフレッチャーに反発しながらも、ニーマンは次第により高みを求めて、狂気の演奏の世界にのめり込んでいく。

感想 

 最後に大きなどんでん返しがあるのですが、それを乗り越えて主人公がひとつ壁を超える様は、観ていて非常に爽快感があります。ある意味でフレッチャーと同じ狂気の世界に入り込んでしまった主人公ですが、その先の未来になにが待ち受けているかなど関係ない、瞬間の美しさがラストシーンには込められていたように思います。

 フレッチャーの人間性についてはよくわからない部分もあります。教え子の死に涙を流したり、友人の娘に穏やかな表情を見せながらも、一方では演奏のためなら生徒をひたすら罵倒し、精神的に追い込んでいくことにもためらいがありません。

 主人公に対する仕打ちは、講師のフレッチャーが主人公の成長を促すために与えた試練であると見ることもできますが、個人的にはあの時点ではフレッチャーの純粋な復讐であったと思います。自分が求めていた崇高なものの実現を邪魔したニーマンを、フレッチャーは許すことができなかったのだと思います。

 しかし、ニーマンはそれに屈服することなく自らの演奏でもって応え、フレッチャーを力でねじ伏せようとした。フレッチャーもニーマンの素晴らしい演奏に対し、因縁すらも通り越した興奮を覚えてしまった。個人的な好き嫌いだとかを通り越した世界がそこにはあり、二人の人間の欲望の発露が最後のシーンが意味するところだったのではないかと思います。ただの師弟の感動ストーリーでは終わらせない、人と人の心からのぶつかり合いを見た気がします。

 折れそうなときにこそ人の真価が問われ、一歩先の世界が待っているのではないかとと思わせる、非常に印象的なラストシーンでした。