読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ『エクスパンス ―巨獣めざめる―』第3話「カンタベリー号」あらすじと感想

 

f:id:yasukkokoko:20170105232857p:plain

『エクスパンス ―巨獣めざめる―』第3話「カンタベリー号」より

    Netflixオリジナルドラマ『エクスパンス ‐巨獣めざめる‐』の第3話、「カンタベリー号」のあらすじと感想になります。ネタバレありですので、未視聴の方はご注意下さい。

あらすじ

 ホールデンからのメッセージを受けて、地球とケレスには動揺が広がる。カンタベリー号への攻撃が、火星から地球への宣戦布告とみなされるかどうかが議論される。

    アヴァサララは、火星の氷輸送の妨害がケレスを弱体化させ、のちにケレスを支配することを目的とするものであると考える。彼女は地球領としてのケレスの価値を強調し、積極的な関与を行うことを進言するが、まだ火星人の仕業か断定できないため、事態を静観すべきとの論調が強い。

    そこで彼女は、この事件が本当に火星人の手によるものであるか確認するために一計を案じる。火星とのコネクションをもつデグラーフ大使に対し、ステルス兵器を保持するOPAテロリストを拘束したという情報をリークする。

    大使はアヴァサララの思惑通りに動き、火星のステルス技術を保有する機関に連絡を取る。仮に火星人がOPAテロリストにステルス兵器を提供していた場合、その出所は分かるはずなので、わざわざ兵器の所在を確かめる必要はない。よって、大使の行動を監視していたアヴァサララは、OPAにステルス兵器を供給したのは火星人ではないと判断する。これによって、ステルス兵器を利用してカンタベリーを攻撃したのも火星人ではないことも推測される。

    ナイト号の面々は、火星人の捕虜となり拘束される。それぞれ個別の房に入れられ、一人ずつ尋問を受ける。ホールデンに順番が回ってくるが、尋問の中でナイト号のメンバーであるナオミがOPAのテロリストなのではないかと疑いをかけられる。ホールデンはその場では否定するものの、彼女の経歴の不自然さもあって、ナオミを信用しきれなくなってしまう。

 続いて、ナオミに尋問の順番が回ってくる。尋問官は、彼女が氷輸送船の作業員にしては不自然なほどに経歴が優れていると述べる。彼女は、自分はたしかにベルターではあるが、OPAメンバーではないと主張する。全員への尋問が終わるが、ナイト号のメンバーは疑心暗鬼に陥る。メンバーの誰かがOPAの内通者であり、カンタベリー号に対する攻撃を手引きしたのではないかと考える。お互いへの疑念を口に出したことで口論になるメンバーだが、火星人は再びホールデンを呼び出す。

    火星人はホールデンに対し、自分たちがカンタベリー号を攻撃したという発言を撤回し、OPAテロリストであるナオミの手引きによってカンタベリーが攻撃されたというメッセージを発信するよう要求する。火星人への疑いを捨てきれないホールデンは要求を拒否しようとするが、正体不明の艦にこの船が追跡されていることを知らされる。

    一方ケレスでは、ミラーがジュリーの捜索を続けていた。彼は上司に対し、ホールデンらが救助に当たったスコピュリ号が、ジュリーの乗り合わせた船であることを伝えるが、ジュリーがケレスにいないのであれば、捜索は他に当たってもらったほうが良いと言われ、取り合ってもらえない。そこで、ミラーは独自に調査を進めようとする。ジュリーの消息を追って、彼女に関する情報を持つアンダーソンという男を訪ねる。

 ケレス内では、輸送船カンタベリー号撃沈によって生じた資源不足に抗議するデモが起こり、暴動へと発展する。

f:id:yasukkokoko:20170105232914p:plain

『エクスパンス ―巨獣めざめる―』第3話「カンタベリー号」より

    OPAはカンタベリー号に対する攻撃を火星人によるものだと断定し、勢いを強めていく。ホールデンのメッセージは、真偽不明のまま火星への抵抗プロパガンダとして利用されてしまう。暴動は警官隊により制圧されるが、多くの犠牲者を出し、残党にミラーの部下であるハブロックが襲われてしまう。

 

感想

    物語の展開が早まってきました。ケレスではホールデンのメッセージを受けて、OPAが勢いを増していきます。現時点では、カンタベリー号への攻撃が火星人によるものだとは断定できないのですが、OPAは事の真相などお構いなしに暴動を起こします。この辺りは、特定の事件が関係者の意図とは無関係に、ヘイトの増幅につながってゆく過程が上手く表現されているように感じました。

    また、現在のところはホールデンの周辺がストーリーの中心になっていますが、ジュリーとOPAとの関係が示唆されていますので、これがどのようにカンタベリー号襲撃事件へとつながるのか、ミラーが事実を知ったときにどのようなアクションを起こすのかが見どころになってくると思います。

ドラマ『エクスパンス ―巨獣めざめる―』第4話「近接戦闘」あらすじと感想 - Nanyak