読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ピーキー・ブラインダーズ』 シーズン3ネタバレと感想。孤独を深めてゆくトミーの悲しげな背中

f:id:yasukkokoko:20161018165840p:plain

Copyright © 2016 BBC

 現在Netflixにてシーズン3が配信されているピーキー・ブラインダーズ(Peaky Blinders)。本記事ではシーズン3のシナリオの要約ネタバレと、視聴後の感想について書いていきたいと思います。

まずは主要登場人物の簡単な紹介から。

 

登場人物

ピーキー・ブラインダーズ

ト―マス・シェルビー(トミー):本ドラマの主人公で、ピーキー・ブラインダーズのボス。

ポリー・シェルビー:シェルビー兄弟の叔母。

アーサー・シェルビー:シェルビー家の長男。

ジョン・シェルビー:シェルビー家の三男。

マイケル・グレイ:ポリーの息子。組織の会計担当。

グレース・シェルビー:トミーの妻。

  

ロシア貴族

ペトロヴィチ・ロマノフ公爵:ロシアから亡命してきた元貴族。多額の資産を隠し持つ。

タチアナ・ペトローヴナ:ロマノフ公爵の姪。トミーと関係を持つ。

イザベラ・ペトローヴナ:ロマノフ公爵の妻。トミーに仕事を依頼する裏で彼を始末しようと画策する。

 

その他

オッド・フェローズ(セクションD、エコノミック・リーグ):権力者によって構成される組織で、トミーをコントロールしようとする。

ヒューズ神父:トミーとオッド・フェローズの連絡役。

アルフィー・ソロモンズ:ユダヤ系ギャングのボス。

 

ネタバレ要約

 第3シーズンはトミーとグレースの結婚式から始まる。相手家族から冷ややかな対応を受けながらも無事に結婚式を終えたトミーは、非合法ビジネスから脱却し、ビジネスを合法化することをグレースと約束する。トミーとグレースの間には第一子が生まれ、危険と隣り合わせながらも幸せな生活を送る。

 

f:id:yasukkokoko:20161018165804p:plain

結婚式にてキスを交わすグレースとトミー。

Copyright © 2016 BBC

 

 裏社会では成功を収めているピーキー・ブラインダーズであるが、より強大な組織の支配からは逃れられない。上流階級や権力者のメンバーによって構成されるオッド・フェローズと呼ばれる組織の命令の下、反ソ勢力への戦車輸送計画を実行しようとするトミー。事前にファミリーへの承諾をとらずに事を進めるトミーに対し、アーサーは苛立ちを隠せない。

 

f:id:yasukkokoko:20161018170027p:plain

苛立つアーサーと彼をなだめるトミー。

Copyright © 2016 BBC

 息子に対する脅迫を受け、オッド・フェローズの連絡役であるヒューズ神父の命令に従わざるを得ないトミー。慈善事業の一環として孤児院を設立するが、寄付金集めのパーティーのさなか、ジョンがイタリア系マフィアと起こした揉め事の報復として、グレースが殺害されてしまう。

 

妻のグレースを失い悲嘆に暮れるトミー。自らの身代わりとして殺害された亡き妻との約束を果たすため、合法ビジネスへと傾注しようとする。合法ビジネスを担当するマイケルと会うことを優先するようになり、アーサーやジョン達兄弟との信頼関係に亀裂が走る。

f:id:yasukkokoko:20161018170737p:plain

グレースを失いひとり悲嘆に暮れるトミー。

Copyright © 2016 BBC

 イザベラ達ロシア貴族から戦車輸送計画の対価として高価な宝石を受け取ることになっていたトミーだが、計画遂行後ロシア人たちに始末される危険性に気付く。そこで、ユダヤ系ギャングのソロモンズと協力し、逆にロシア人達を出し抜こうと宝石を盗み出す計画を立てる。

f:id:yasukkokoko:20161018170722p:plain

宝石強奪計画を立てる三人。

Copyright © 2016 BBC

 

輸送計画直前、トミーの動きを牽制するため、ヒューズ神父の手によって息子のチャーリーが誘拐され人質にとられる。ヒューズはトミーに対し、戦車輸送列車の爆破と、窃盗計画の実行後に得られる宝石を渡すように命じる。元々オッドフェローズが立てていた計画は、戦車輸送の話をソ連にリークし、列車をソ連によって爆破させ騒ぎを起こすことで、それを口実にソ連との国交を断絶する自作自演のものであった。しかし、トミーがソ連側にその計画をリークしたことでこのシナリオは破綻。代役としてトミーに爆破を命じたのである。

 

 息子の誘拐やロシア貴族から宝石を盗み出す計画が漏れていたことで疑心暗鬼に陥ったトミー。ファミリーのメンバーにも疑いの目を向けるようになり、組織は空中分解寸前。しかし、後のトミーの調査により、窃盗計画をリークしたのはソロモンズと判明。誘拐に関わった人物も探り当てたピーキー・ブラインダーズはトミーの息子を奪還し、ヒューズ神父を始末する。

 見事宝石を盗み出し大金を手に入れたトミーは、ファミリーのメンバーに疑いをかけたことを謝罪し、プロジェクトに関わったメンバーに分け前を分配する。

f:id:yasukkokoko:20161018171218p:plain

Copyright © 2016 BBC

 そのなかでトミーは、組織が合法化されようとも、決して上流階級の人間には受け入れられないと皆に主張する。しかし、一連の騒動でトミーの求心力は弱まっており、皆は組織として別の道を探したいとし、アーサーとその妻は組織を離れることを決意、皆に別れを告げようとする。

f:id:yasukkokoko:20161018170928p:plain

トミーに別れを告げるアーサー。

Copyright © 2016 BBC

 しかし、そこでトミーから衝撃の報告が。既に警察と話をつけ、ファミリーのメンバーそれぞれに殺人等の罪で逮捕状が出ているという。動揺が広がるなか、警察に連行されてゆくファミリーの面々。トミーはこの状況を、より大きな組織の力と戦うために必要な計画であると説明する。

f:id:yasukkokoko:20161018161512p:plain

警察に連行されるファミリー。

Copyright © 2016 BBC

 自分たちを受け入れない上流階級の人間たちへの憎悪を増していくトミー。皆が連行されてゆく様を屋敷でひとり見送る姿は深い孤独を感じさせる。

 

感想

 大きな力に翻弄されながらも独り抗い続けるトミー。誰にも頼ることができず、疑心暗鬼になり孤独を深めていく様は、ゴッドファーザースカーフェイスの主人公の姿を彷彿とさせます。ギャングのボスは孤独にならざるを得ないのでしょうか。

f:id:yasukkokoko:20161018161432p:plain

皆が去った後の部屋でひとり首を垂れるトミー。

Copyright © 2016 BBC

 物語のスケールは大きくなり、徐々に終わりが近づいていることを予感させます。既に冷え切っていた兄弟間の信頼関係に加え、シーズンラストでトミーが講じた策により、ファミリー内での対立はさらに深まったように思われます。トミーがどのようにこの状況を打破するのか。彼の計画とは一体どんなものであるのか、シーズン4以降も要注目です。

Watch Peaky Blinders Online | Netflix