読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『レゴバットマン』ヒーロー物嫌いに勧めたい作品

のっけからハリウッド映画の壮大な演出を茶化しにいくという導入に始まる。ここで笑えるかどうかが本作を楽しめる人かどうかの試金石になっている。終始オマージュやメタネタが満載で、シュールな笑いが本作の大きな魅力となっている。 バットマンシリーズに…

『夜は短し歩けよ乙女』奇抜な演出は面白いが、やや退屈な作品 - 感想

概要 『四畳半神話大系』でも監督を務めた湯浅政明による本作。森見登美彦の人気作であることに加え、先輩役に星野源を起用するなど、公開前の注目度も大きかった作品です。 キャラクターの奇妙なアニメーションや端々のセリフには面白みが見られたものの、…

『T2 トレイン・スポッティング』郷愁と青春の終わり − 作品の感想

前作で仲間を騙し、大金を手に町を出たマークですが、どうにも新しい生活に張り合いを見いだせていない様子。結婚相手を見つけ、まともな職に就けている時点で、町に残された仲間たちとは雲泥の差がありますが、それでも尚、頭の中身は昔とさほど変わってい…

『LA LA LAND』ラ・ラ・ランド、ラストシーンの解釈 - 作品の感想

ラストの空想はどちらのものだったか 二人はお互いのことをどう捉えていたか ラストシーンの解釈 ラストの空想はどちらのものだったか ミアとセブが再会を果たすシーンでは、バンドの演奏を背景に、二人の『あり得たかもしれない』幸せが描かれます。ミアも…

『ナイスガイズ!』ブラックユーモアが支配するドタバタアクション - 作品の感想

©2016 NICE GUYS, LLC 近日公開予定の『ラ・ラ・ランド』でも主演を務めるなど注目の集まっているライアン・ゴズリングと、『ビューティフル・マインド』などで有名なラッセルクロウが共演するアクションコメディ『ナイスガイズ!』。ちょっと抜けてる私立探…

『たかが世界の終わり』家族の絆って簡単に出来上がるものじゃないですよね - ネタバレと感想

Copyright © GAGA Corporation. All Rights Reserved. 2月11日より公開となった、映画『たかが世界の終わり』。 若き劇作家のルイは、自らに死期が迫っていることを告げに、12年ぶりに家族の元へと向かう。長い空白の時間は家族に何をもたらしたのか。

映画『マリアンヌ』夫婦の愛とマリアンヌが守ったもの - ネタバレと感想

©2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved. 本日2月10日より日本公開となった、映画『マリアンヌ』。戦時下という極限状態における夫婦の愛と絆がテーマとなっており、疑いの中で葛藤する夫婦をブラッド・ピット、マリオン・コティヤールの二人が演じ…

映画『マリアンヌ』夫婦の絆と疑惑の間で ‐ あらすじと感想(ネタバレ無し)

©2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved. 映画『マリアンヌ』、ネタバレ無しのあらすじ紹介と感想になります。

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』ご都合主義とキャラ萌えの彼方 - 作品の感想

TM © Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. © Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

映画『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』五ェ門の実直さが渋い魅力を醸し出す - ネタバレと感想

©TMS 『次元大介の墓標』に続くルパン三世のスピンオフとして制作された、石川五ェ門を主人公とする作品。若き日の五ェ門とルパン達の活躍を描く。

『言の葉の庭』庭園で過ごす静謐なひとときの美しさ - 作品の感想

cMakoto Shinkai / CoMix Wave Film 『君の名は』で一躍有名となった新海誠監督が2013年に公開した作品。『秒速5センチメートル』からさらに磨きあげられた美しい映像表現に酔いしれることのできる作品です。 新宿御苑を舞台として描かれる、男子高校生の孝…

『マグニフィセント・セブン』豪華な俳優陣が王道ド真ん中の爽快アクションで魅せる! - 作品の感想

映画『マグニフィセント・セブン』オフィシャルサイトより 1月27日より公開されている映画『マグニフィセント・セブン』。勧善懲悪のシンプルなストーリーを、魅力的な俳優陣による最高のアクションで魅せてくれます。王道ものの面白さをこれほどまでに味わ…

映画『沈黙-サイレンス-』神の沈黙は人に何を語るのか - 作品の感想

©2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved. 概要 キリシタン弾圧下における日本でのカトリック神父の布教を通じて、信仰と救いの在り処を問う作品です。厳しい宗教弾圧のもと、神の教えの無力さを幾度となく痛感させられた神父が、ひたすら神に問いかけ続け…

『傷物語 Ⅲ冷血編』踏み込んだ過激な描写が光る完結編 - 感想

アニメ『傷物語』第三部冷血編の感想になります。化物語へと続くこの物語の最終章では、阿良々木暦が吸血鬼という怪異に対し、どのように向き合うのかが描かれます。第三部だけ観るという方はあまりいらっしゃらないと思うので、第一、二部との比較をメイン…

『her/世界でひとつの彼女』AIと人間の間に恋は成り立つか - 作品の感想

人間と人工知能の恋について描いた作品です。人間とは全く違う感覚で生きる存在と心を通わせるというのは一体どういうことなのか、考えさせられる作品です。

『そして父になる』親子の絆はどこで生まれるか - 作品の感想

赤ん坊の取り違え事件を通して、親子とは何か、家族とは何かを問う作品。 あらすじ 感想 あらすじ 仕事上も成功を収めており、順風満帆な生活を送っていた野々宮。息子が六歳まで成長したあるとき、出産時に赤ん坊の取り違えが起きていたことを知らされる。…

『ブルーに生まれついて』優しいジャズの音色が彩る、一人の奏者の盛衰 - 作品の感想

©2015 BTB Blue Productions Ltd and BTBB Productions SPV Limited. 11月26日より日本公開となりました、映画『ブルーに生まれついて』のあらすじ、感想となります。 本作は、ジャズトランペット奏者チェット・ベイカーの挫折と再起を描いた作品です。美し…

映画『セッション』狂気は全てを凌駕する - 作品の感想

映画『セッション』を観ての感想になります。ネタバレを含みますのでご注意ください。 あらすじ 感想 あらすじ 音楽学校の新入生ニーマンはスパルタ講師のフレッチャーに才能を見出され、彼のバンドに招待される。執拗なまでに完璧な演奏を求めるフレッチャ…

映画『聖の青春』ひしひしと伝わる棋士の息遣い - 作品の感想

©2016「聖の青春」製作委員会 11月19日より公開になりました、映画「聖の青春」を鑑賞してきましたので、感想などについて述べていきたいと思います。少々ネタバレを含みますので、ご注意ください。 感想 事実との相違 実在棋士の出演 おわりに 感想 対局中…

『雲のむこう、約束の場所』新海誠作品の底流 - 感想

感想 映画と小説の差 他作品との関係性について 感想 『ほしのこえ』に続く作品として作られた『雲のむこう、約束の場所』ですが、作品に漂う空気感や雰囲気は非常に素晴らしいものがあると思います。天門氏作曲のBGMも作品と非常にマッチしており、美しくも…

『君の名は。』作家性はどこに生まれるか - 作品の感想

©2016 「君の名は。」製作委員会 新海誠作品は以前から好きで、特に『雲の向こう、約束の場所』『言の葉の庭』なんかは何度も観ています。ですが、監督本人が「『君の名は。』は売れるように作った」という趣旨の発言をしていたようなので、過去作のファンが…

『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』システムは哲人になり得るか - 作品の感想

映画 『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』の感想になります。ネタバレを含みますので、これからご覧になる予定の方はご注意ください。 感想 本作はシビュラシステムを内戦中の途上国に輸出した場合、現地ではどのように受け入れられるのかというストーリーに…

映画『ザ・ロード』荒廃した世界を生きる親子の絆 - ネタバレと感想

生物が死に絶え、荒廃した世界で強く生きる親子を描いた作品。ネタバレありの要約と感想になります。 要約 感想 要約 荒廃した世界を息子と父親の二人はひたすら南へ歩き続ける。他の生物や植物はほとんど死滅してしまった世界で、わずかに残った食料をめぐ…

映画『インフェルノ』殺人ウイルスは人口爆発を防ぐ救世主たり得るか - 感想

created by NIAID 『ダヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』に続く作品、『インフェルノ』。メインキャラクターの大富豪で化学者のゾブリストが開発したウイルスについて、原作未読者の視点から考えてみたいと思います。ネタバレありですので、これから映画を…

『トレーニング・デイ』自分を信じるか、他者に委ねるのか - 作品の感想

トレーニング デイ (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログ (1件) を見る 映画『トレーニング・デイ』のあらすじと感想になります。ややネタバレを含みます。 あらすじ 感想 若手とベテランの間にある情報の非対称性 他の…

『シティ・オブ・ゴッド』スラムにおける道徳と観察者の視点 - 作品の感想

シティ・オブ・ゴッド(字幕版) 発売日: 2015/11/15 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る スラム街に生きる少年ギャングの生活をリアリティあふれる描写で描いた傑作です。スラムの現実の生々しさを残しながらも、エンタメとして成立させた構…

『スター・トレック BEYOND』ネタバレと感想

(c)2016 PARAMOUNT PICTURES 本日10月21日より日本公開となった、『スター・トレック BEYOND』。シリーズの最後を飾る本作は、エンタープライズのメンバー皆が活躍するシーンが満載となりました。以下にネタバレと感想を書いていきたいと思います。 シナリオ…

Netflixオリジナル「MASCOTS」マスコット キャラクター達が織りなす奇妙な世界 - 感想

『MASCOTS』 Netflix マスコットキャラクターの中の人たちの奮闘を描いたシュール系コメディ。No.1のマスコットを決める大会に出場する参加者たちの、ちょっとズレた感性や不思議な人間関係をドキュメンタリー調でコミカルに描いています。

映画『聲の形』贖罪と赦しと自己肯定 - ネタバレと感想

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会 劇場アニメ「聲の形」を観にいってきました。「君の名は」の大ヒットに隠れがちですが、大いに人気を博しているこの作品。非常に素晴らしい映像作品に仕上がっております。以下に劇場版作品の要約、感想や原作との…