読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『レゴバットマン』ヒーロー物嫌いに勧めたい作品

のっけからハリウッド映画の壮大な演出を茶化しにいくという導入に始まる。ここで笑えるかどうかが本作を楽しめる人かどうかの試金石になっている。終始オマージュやメタネタが満載で、シュールな笑いが本作の大きな魅力となっている。 バットマンシリーズに…

『夜は短し歩けよ乙女』奇抜な演出は面白いが、やや退屈な作品 - 感想

概要 『四畳半神話大系』でも監督を務めた湯浅政明による本作。森見登美彦の人気作であることに加え、先輩役に星野源を起用するなど、公開前の注目度も大きかった作品です。 キャラクターの奇妙なアニメーションや端々のセリフには面白みが見られたものの、…

映画『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』五ェ門の実直さが渋い魅力を醸し出す - ネタバレと感想

©TMS 『次元大介の墓標』に続くルパン三世のスピンオフとして制作された、石川五ェ門を主人公とする作品。若き日の五ェ門とルパン達の活躍を描く。

『言の葉の庭』庭園で過ごす静謐なひとときの美しさ - 作品の感想

cMakoto Shinkai / CoMix Wave Film 『君の名は』で一躍有名となった新海誠監督が2013年に公開した作品。『秒速5センチメートル』からさらに磨きあげられた美しい映像表現に酔いしれることのできる作品です。 新宿御苑を舞台として描かれる、男子高校生の孝…

『傷物語 Ⅲ冷血編』踏み込んだ過激な描写が光る完結編 - 感想

アニメ『傷物語』第三部冷血編の感想になります。化物語へと続くこの物語の最終章では、阿良々木暦が吸血鬼という怪異に対し、どのように向き合うのかが描かれます。第三部だけ観るという方はあまりいらっしゃらないと思うので、第一、二部との比較をメイン…

『響け!ユーフォニアム』第二期感想 ‐ 思春期の成長を描いた青春ドラマ

10代特有の、世の中を多少わかったようなつもりになっていながらも、やはりどこか未熟な部分がとても上手く表現されていたように思います。 今期は三年生部員である田中明日香とその周囲の人間模様がフィーチャーされていました。冷めたふりをして周囲に興味…

『雲のむこう、約束の場所』新海誠作品の底流 - 感想

感想 映画と小説の差 他作品との関係性について 感想 『ほしのこえ』に続く作品として作られた『雲のむこう、約束の場所』ですが、作品に漂う空気感や雰囲気は非常に素晴らしいものがあると思います。天門氏作曲のBGMも作品と非常にマッチしており、美しくも…

『君の名は。』作家性はどこに生まれるか - 作品の感想

©2016 「君の名は。」製作委員会 新海誠作品は以前から好きで、特に『雲の向こう、約束の場所』『言の葉の庭』なんかは何度も観ています。ですが、監督本人が「『君の名は。』は売れるように作った」という趣旨の発言をしていたようなので、過去作のファンが…

『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』システムは哲人になり得るか - 作品の感想

映画 『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』の感想になります。ネタバレを含みますので、これからご覧になる予定の方はご注意ください。 感想 本作はシビュラシステムを内戦中の途上国に輸出した場合、現地ではどのように受け入れられるのかというストーリーに…

映画『聲の形』贖罪と赦しと自己肯定 - ネタバレと感想

©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会 劇場アニメ「聲の形」を観にいってきました。「君の名は」の大ヒットに隠れがちですが、大いに人気を博しているこの作品。非常に素晴らしい映像作品に仕上がっております。以下に劇場版作品の要約、感想や原作との…